WORK ROLE

三井住友カードではさまざまなフィールドから
キャッシュレス事業への挑戦を行っています。
ここでは4つの視点から三井住友カードの仕事や各組織の役割をご紹介します。

 

WORK ROLE

Scroll

1消費者・事業者ともに利用しやすい仕組みを構築する

日本のキャッシュレス化を促進するために、三井住友カードでは消費者・事業者双方にとって利用しやすいキャッシュレスの仕組みづくりを目指しています。マーケティング本部ではデータを活用したマーケティングを通して、消費者により良いキャッシュレス体験を提供できるよう、商品・サービスの企画・開発を行っています。また広告宣伝に関する企画・制作やホームページなどのWebチャネルの高度化等、広報の強化にも努めています。またアクワイアリング本部では、次世代決済プラットフォームsteraやSquareを活用することで、加盟店基盤の強化を行っています。

HARA

2002年入社 マーケティング統括部

FURUICHI

2006年入社 広告宣伝部(現:マーケティング統括部)

KUBOTA

2013年入社 商品企画開発部

TAKAHASHI

2005年入社 アクワイアリング統括部

2法人ビジネスを強化し、日本全体のキャッシュレス化を推進する

三井住友カードは、他企業との協業を通じたキャッシュレス化への挑戦も行っています。法人ビジネス開発本部では、提携カード事業や受託事業などを通して、流通・小売業界や地方銀行、地方自治体などの公的機関との協業を模索しながら、キャッシュレスを通した地方創生やインバウンド事業を提案しています。また法人カードなどの法人決済商品・サービスの企画・開発も行っています。

INOUE

2012年入社 公共・金融法人営業部(現:金融法人部)

FUJIWARA

2014年入社 受託事業部(現:受託開発部)

3三井住友カードのフロントとして「Have a good Cashless.」を実現する

顧客接点を通して、お客様の深層ニーズを追求しながら、最適なソリューションを提供する仕事です。営業各部ではプロパーカードや提携カード、法人カード、加盟店など各部署が全プロダクトを所管することで、お客様の幅広いニーズにワンストップでお応えしています。また三井住友カードでは、お客様により便利で安心安全なキャッシュレスライフをお送りいただくため、自社でコールセンターを保有し、顧客接点の強化に努めています。お客様に最も近い立場から、三井住友カードの理念である「Have a good Cashless.」を実現していきます。

NAGATA

2012年入社 法人営業第一部(現:営業第一部)

SHIRAMIZU

2015年入社 フォーユーセンター企画部(現:コールセンター統括部)

4安定したキャッシュレスインフラを提供し、業界を牽引する三井住友カードをつくる

三井住友カードが提供する決済事業は、人々の生活に必要不可欠なサービスです。そこでインフラとしての役割を果たせるよう、キャッシュレス事業の安定的な運営を行うのも重要な仕事です。事務本部では、カード発行・利用において発生する審査業務や加盟店への請求業務等を行っています。また信用管理本部では入会後のお客様の信用管理や不正利用検知等を行っています。他にもシステム本部では、三井住友カードの事業を支えるシステム基盤の企画・開発を行っています。その他海外ベンチャー企業や国際ブランド会社との提携・調整を担う部署や、経営企画、人事・総務などコーポレートガバナンスを担う部署もあります。

AKESAKA

2017年入社 加盟店管理部

TODO

2015年入社 システム開発部

ASARI

2015年入社 戦略事業開発部

組織体制は制作当時のものです。

社会の先陣をきる興奮を、君は味わいたくないか。
私たちは決済ビジネスの新しい形を創造し、
社会の形を変革し、常識を覆してきたパイオニアだ。
誰よりも、真っ先に、先陣をきる。
それが私たちのDNA。
そして今、
技術とマーケティングを進化させることで、
理想を現実にさせる、新たな仕組みを創ろうとしている。
日本の隅々にまで消費活動を広げ、
この国の経済を活性化させる。
人々の生活を根底から良くしていく。
そんなチャレンジが、快適な世の中を形創っていく。
そのすべての先駆者になるのが、私たちだ。
この世界で、君が真っ先に成し遂げたいものは何か。
世界が驚くファーストウェーブを、共に創らないか。
さあ、あなたなら、何をつくる?