FIRST WAVE of AT WORK 新たな部署で、未知の分野に挑む。TODO 2015年入社 システム開発部FIRST WAVE of AT WORK 新たな部署で、未知の分野に挑む。TODO 2015年入社 システム開発部

異動をきっかけに、
未知の分野へ挑戦。

私は今、システム開発部に所属していますが、以前の部署で担当していたのはコールセンター業務です。当時、コールセンターシステム運用に少しだけ関わらせてもらっていましたが、大学で専門的な勉強をしたわけでもなく、当初は特別な知識やスキルなどほとんどありませんでした。いざシステム開発部に異動となった直後は知らないことばかりで、自分にとって未知の世界そのものでした。異動直後、不安や焦りはあったものの、チャレンジしてみようという気持ちになれたのは、ここでの経験が将来、必ず役に立つと確信していたから。例えば、システムまわりのことをしっかり理解・把握できるようになれば、今後のキャリアで統括的な部署に配属されたときや大きなプロジェクトに取り組む際も、さまざまな視点で話ができますし、現場での経験を活かして最適なマネジメントができるようになるはずです。また、システムの改善はユーザーやお客さまにとって直接的なメリットになる部分もたくさんあるので、いろいろな要望に応えてあげられるという想いがモチベーションになっていました。コールセンター業務でお客さまのご要望やご意見をよく耳にしていたのですが、当時の部署の仕組みやシステムでは自分にできることには限界があるように感じていて……。サービスの根幹を成す「システム開発部」は自分にとって未知の分野でしたが、ここでの経験や自分の成長がお客さまのメリットになるので「全力で挑戦してみよう!」と決めました。

教えてもらうのを待っていたら、
何も始まらない。

今の部署に来て初めて携わったプロジェクトは、延滞債権を管理するシステムのアップデートです。お支払いが延滞しているお客さまをサポートするシステムのアップデートです。例えば、お客さまにご連絡するコールセンターのオペレーターがお支払の滞ってしまったお客さまに対して、適切なお支払案内ができるようなコールセンターのようなシステムや、お支払いいただいたお金の管理の効率化です。システム自体は表に出てくるものではないですが、「仕事がしやすくなった」や、「おかげで数字が改善したよ」といった声をかけてもらい、大きなやりがいを得られました。業務としては数あるプロジェクトの一つにすぎませんが、異動後の初めての仕事ということや、慣れない環境の中で常に気を張りながら学び続けていたこともあり、達成感も格別でした。心がけていたことは、「とにかく貪欲に学ぶ」ことです。誰かが教えてくれるのを待つのではなく、些細なことでも疑問に思うこと、気になることがあればどんなに小さなことでも確認して、周囲のレベルに追いつけるように社内を駆け回っていました。

どんな分野でも、
貪欲に学んでいきたい。

システムに関する知識がある程度身に付いた今、想像していたよりも、自分の仕事の幅やシステムに秘められた可能性が広がってきているように感じます。近年、何千万という金額が動くほど、プロジェクトの規模が大きくなり、社内のさまざまな部署や取引先から「こういうことがしたいけど、システム的にできるかな?」と相談されることが増え、「それならこういう改善はどうでしょう?」という建設的な提案をするようにして、よりお客さま目線での改善を目指しています。初心者のうちは経験不足から迷いや悩みに苦労してしまうことも多いと思います。私もわからないことだらけだったので、とにかく人に聞いてばかりでした。しかし、聞くことをためらう必要はありません。自分の成長やお客さまにとって価値ある改善を形にするため、貪欲に取り組んでいこうと意識しています。今後、どんな新しい分野に挑戦することになっても、前向きに学んでいきたいです。

occupationバナー

社会の先陣をきる興奮を、君は味わいたくないか。
私たちは決済ビジネスの新しい形を創造し、
社会の形を変革し、常識を覆してきたパイオニアだ。
誰よりも、真っ先に、先陣をきる。
それが私たちのDNA。
そして今、
技術とマーケティングを進化させることで、
理想を現実にさせる、新たな仕組みを創ろうとしている。
日本の隅々にまで消費活動を広げ、
この国の経済を活性化させる。
人々の生活を根底から良くしていく。
そんなチャレンジが、快適な世の中を形創っていく。
そのすべての先駆者になるのが、私たちだ。
この世界で、君が真っ先に成し遂げたいものは何か。
世界が驚くファーストウェーブを、共に創らないか。
さあ、あなたなら、何をつくる?