FIRST WAVE of OFF TIMEFIRST WAVE of OFF TIME

“外部との接点”で知った
世界の広さ

私はもともと「ワークライフバランス」を強く意識して、仕事も私生活も全力で取り組むことに努めていました。ただ、キャリアを積み、携わっている仕事がひと通りこなせるようになると、急に自身の成長のスピードが鈍化しているように感じ、自分の中で将来が漠然としていることへの危機感が生まれました。当時の仕事に不満はありませんでしたが、非常に狭い世界で仕事をしているように感じ、視野を広げるために終業後にビジネススクールに通ったり、スタートアップや異業種のセミナーに出たり、ボランティアに参加したり、積極的に外に出て少しでも興味のあるものは片っ端から顔を出すようにしました。こうした“外部との接点”で様々な刺激を受け、将来の自分の“ありたい姿”を考えるようになりました。

ライフの1つに
ワークがある

そんな中、とあるセミナーで「ワークインライフ」を知りました。ライフ(人生)には様々な要素があり、その中のひとつとしてワーク(仕事)があるという考え方です。ひどく感銘を受け、以来意識して「ワークインライフ」を実践しています。自分が思い描く理想のライフを実現するため、仕事、家族、2~3ヶ月に一度の旅行、趣味の登山、学び、友人、新たな出会い等、限られた時間の中でどのように日々生活するかを考え、実行するようにしています。何をすべきかがはっきりしているので、優先順位がつけやすく迷うことはありません。やりたいことが多く「寝ないで済む身体であったらどんなにいいだろう」と思うこともありますが、とにかく毎日を有意義に過ごすことを心がけています。

スキルと知見を活かし
社会に貢献したい

私は今40歳です。健康な状態を維持できれば、おそらく80歳くらいまでは働くことができるでしょう。すると、ちょうど半分を経過したことになります。今の仕事はやりがいがあり自分にも合っていて非常に面白いです。一方で、仕事だけでなく、様々な外部の世界とのつながりをつくったり、新たなチャレンジをすることが仕事にも多く活かされ、自分の幅も広げられることを経験してきました。今興味のあること、今後興味が出てくるであろうことを極力吸収し、同時に、学んだことのアウトプットを心がけて、どこまで身についているかを常に振り返る。そのようにして学びを深めながら、自分をもっと豊かにしていきたいと思います。そして、いつかセカンドキャリアとして、それまでの経験や知識を活かし新しいことを伝えたり、マーケティングの世界で活躍できる若い世代の育成に携わりたいと思っています。

occupationバナー

社会の先陣をきる興奮を、君は味わいたくないか。
私たちは決済ビジネスの新しい形を創造し、
社会の形を変革し、常識を覆してきたパイオニアだ。
誰よりも、真っ先に、先陣をきる。
それが私たちのDNA。
そして今、
技術とマーケティングを進化させることで、
理想を現実にさせる、新たな仕組みを創ろうとしている。
日本の隅々にまで消費活動を広げ、
この国の経済を活性化させる。
人々の生活を根底から良くしていく。
そんなチャレンジが、快適な世の中を形創っていく。
そのすべての先駆者になるのが、私たちだ。
この世界で、君が真っ先に成し遂げたいものは何か。
世界が驚くファーストウェーブを、共に創らないか。
さあ、あなたなら、何をつくる?